この度、日本超音波検査学会が制定する『超音波検査室の精度認定制度』を臨床検査科が受審をし、施設認証を取得しました。
受審領域は、消化器領域・循環器領域・体表臓器領域・血管領域・健診領域の5領域を受審し、各領域でオールA評価を頂きました。
個々のスキルに対しては、認定超音波検査士の取得によりこれを担保し、超音波検査室としては、環境整備をベースとした再現性のある診断精度の担保として、精度認定制度受審による施設単位の認定取得が必要であると考え、これを実践継続していく所存です。
個人の認定取得や施設認証取得は、地域医療への貢献や患者様への還元に繋がると信じ、スタッフ一同精進して参りますので、
今後とも当院検査科を宜しくお願い申し上げます。