皮膚科のご案内

対象疾患

皮膚科で扱う疾患は、手足・顔・頭・身体等種々の部位に生じる湿疹・皮膚炎や、アトピー性皮膚炎、細菌やウイルス、真菌(カビ)による感染症、良性や悪性の腫瘍(癌、まれに肉腫)、ほくろやあざ等の母斑、火傷、水疱(みずぶくれ)を作る疾患(水疱症)、白斑、円形脱毛症、男性型(壮年性)脱毛症、掌蹠膿疱症、乾癬等、種々の疾患があります。

湿疹やアトピー性皮膚炎
外用薬や内服薬を用いますが、外用薬にも強弱があり、年齢や外用する部位・期間を考慮し、効果はもとより、副作用の出ないように塗り分けます。きちんと塗り分けをすれば外用により副作用がでることはほとんどありません。
【また、自己判断で指示された部位以外に塗ったりすることはよくありません。】

湿疹のように見えても、真菌(カビ)の感染症であったり、2次的に(あとから)湿疹に真菌や細菌・ウイルス等が感染して治りにくかったりすることもあります。
頭や顔に好発する脂漏性皮膚炎
最近になり "マラセッチア" という皮膚の常在の真菌が関与していることが判明し、抗真菌剤の併用で良い効果が得られる場合もあります。
一口に、かゆみを伴う赤みといっても、例えば、顔では、湿疹以外にも白癬(真菌-カビの感染症)や、ニキビダニによる皮膚炎、かぶれ、光線過敏症、ヘルペス 等様々あります。

簡単な検査や発疹の特徴などで鑑別できることが多いのですが治りにくい場合もあります。
同様なことが種々の部位の発疹でも言えます。水虫と思われ受診され、湿疹であったり、水虫が外用薬でかぶれていたり、皮膚の炎症を強く起こしていたりすることがあり、治療もそれぞれで異なります。
皮膚に生じる腫瘍
皮膚に生じる腫瘍では、良性のものも悪性のものもありますが、見ただけで分かるものから組織検査をしなければ分からないものもあります。また悪性のものが疑われ、組織検査をしなければならない場合や、放置しておいてもよい場合や、その場で簡単な処置でとれるものまでいろいろです。頻度は少ないですが、赤みが主で、皮膚炎のように見えても、悪性の腫瘍の場合があります。
カンジダ症
従来、爪の水虫や、手の指や爪、爪囲の "カンジダ症" は、治りにくい疾患でしたが、新しい薬ができ、時間はかかりますが、治るようになってきています。
創傷(キズ)
軽度のものは当科でみます。
帯状疱疹
【帯状疱疹では、神経痛を残さないため、早期に適切な治療が必要です。】
通院治療では痛みが治まらず、抗ウイルス剤の点滴と安静を兼ねて、入院治療を必要とする場合もあります。

以上、皮膚科で扱う疾患について、簡単にご紹介しました。
気になる皮膚疾患があれば、気軽に御来院ください。