診療科・部門案内

医療安全管理室

医療安全管理室とは

院長直下の独立した部門として、組織横断的に医療安全を推進しています。
2010年1月より医療安全管理体制に基づいて、院内活動を継続しています。

医療安全管理指針

当院は、地域に貢献できる病院となる事を目標としています。その実現のためには、自らが信頼できる組織づくりに貢献します。院長の指揮のもと、医療安全管理指針を理解し、全職員が常に問題意識をもって、改善に向けた努力を継続していきます。

業務の紹介

1.インシデント報告により得られた事象の原因・再発防止策の検討と周知を図ります。
2.全職員対象の研修を年2回行い、職員の医療安全やリスク管理の意識向上を目指します。
3.医療事故発生時の対応全般に関わり、医療安全管理委員会、リスクマネージャ-会議と連携して情報共有とその防止策の検討や業務改善活動等の支援を行っています。

<2019年度 医療安全全体研修会>

第1回「インシデント報告の重要性とその意義」

第2回「チームSTEPPSを身につけ、日常業務に取り入れよう!」

閉じる